こどもみらい住宅支援事業
こどもみらい住宅支援事業

「家族みんなでおうち時間を楽しめる、広い家が欲しい。」
「書斎とか、在宅勤務が出来るスペースがある家が欲しい。」
そうお考えの皆様、家づくりで避けて通れないのが 「お金」 の話です。
①住宅の購入を後押しする “国の政策”
②住宅ローンを借りるときに重要な “ローン金利”
③住宅の建築費がいくらになるかの “建築コスト”
住宅を建てる時に考えたい、「お金」 についての最新情報をお届けします。

ローン金利

”史上最低水準の低金利”となっており、ローンの借り入れ時期としては最適!

脱デフレを目的としたアベノミクスによって、日本銀行が金利を低く抑えており、住宅ローン金利も史上
最低水準の低金利に。今後、景気が良くなれば金利の上昇は避けられず、借り入れ時期が重要です。

住宅ローンの変動金利は日銀政策金利に連動しています

住宅ローンの変動金利は日銀政策金利に連動しています。

シミュレーション前提条件 ローン金額:2,000万円 返済期間:35年 全期間固定 元利均等返済

シミュレーション前提条件
ローン金額:2,000万円 返済期間:35年 全期間固定
元利均等返済

国の政策

新築住宅の建設・購入を後押しする政策が目白押し!

新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ経済を回復させるため、新築住宅の建築・購入を
後押しする、たくさんのおトクな政策が2021年なら活用できます。

こどもみらい住宅支援事業

【内 容】子育て世代・若者夫婦世帯による、高い省エネ性能を有する新築住宅の建築・購入に際し、補助金を支給する。
【給付額】建物の基準に応じて異なる
ZEH:100万円、認定長期優良住宅:80万円、省エネ基準適合住宅:60万円
【要 件】2021年11月26日以降に請負契約を締結し2022年1月中旬以降に着工(遅くとも2022年9月までに着工)すること ※予算事業のために早期に締め切られる場合があります。

住宅ローン減税

【内  容】 年末ローン残高の一定割合を所得税から控除
【減税額】 控除期間:13年間、最大控除額:600万円
【要  件】 2021年9月末までに請負契約を締結し
2022年12月末までに入居すること

贈与税の非課税

【内  容】 直系尊属からの贈与について一定額が非課税に
【非課税】 一般:1,000万円、質の高い家:1,500万円
【要  件】 2021年12月末までに請負契約を締結し
2022年3月15日までに完成すること

いかがでしたか?
住宅を建てる時に考えたいお金の話、すなわち、損をしない、賢い方法で住宅を
取得するためには、以下2点が重要なポイントになります。
“建築スケジュール”(いつまでに請負契約を締結し、完成させるか)
“性能(特に省エネ性能)の高い家” を建てる
アップルホームでは、お客様のスケジュールに寄り添いながら、省エネ性能の高い
“長期優良住宅”を標準仕様とする住宅会社です。ぜひご相談ください。