凸凹ハウス

安心して過ごせる 凸凹ハウス

安心して過ごせる空間の凸凹ハウス

家づくりで一番大切なのは「家族が安心して過ごせる空間づくり。」 お施主様がくつろぐ腰かけ窓の先は、一面芝生のお庭。お庭で遊ぶお子様と目線が合うようにと、窓の高さも調整しました。

間取り

<延床面積>138.50㎡(41.8坪)
<敷地面積>
<工法構造>木造軸組(テクノストラクチャー工法)
<施工年月>

凸凹ハウス 外観
凸凹ハウス 外観

外観

外観からは間取りが想像できないほど凸凹!!家の中がどんな間取りなのか好奇心を掻き立てられる。

凸凹ハウス リビング
凸凹ハウス リビング

リビング

各方角に適した窓をもうける事でLDKに太陽の光がいっぱい入るように! 吹き抜けの奥はフリースペースになり、自然と1階と2階のコミュニケーションが生まれます。 ※吹き抜けの小開口はお子様の落下防止のためネットを造作。

凸凹ハウス 玄関収納

玄関土間収納

玄関すぐ横にもうけたSIC靴はもちろん、冬場のコートや公園用のおもちゃまで一気に収納。お家がスッキリする必須のスペース。

凸凹ハウス シンボルツリー

シンボルツリー

玄関を入った廊下の先に見える「シンボルツリー」。固定窓を大きく取る事で明るさも確保。壁面が造作ニッチには気軽に手に取れるお気に入りの本を。

凸凹ハウス フリースペース

プライベートスペース

天井はレッドシダー、床はオークの無垢材、奥に家族の思い出アイテムを飾れる造作棚も!